弁護士をつけない方針

交通事故被害に遭った時の示談交渉は自分でも出来ないことではありません。ただしそのようなとき、交渉の結果適正な示談金を受け取ることはなかなか難しいということもあらかじめ知っておくべきでしょう。 弁護士を通すこと自体に面倒くささを感じ、手っ取り早い方法が一人で示談交渉することと考えるかもしれませんが、ある程度示談交渉は不利な結果に終わるということを理解しておく必要があります。

しかし、果たしてそのことを損というのかは判らないのです。慰謝料や損害賠償として受け取れる金額は確かに少なく受けとることになるとしても、示談交渉をスムーズに受け入れるというモチベーションによって、長期化を回避することが出来、交渉と関わるストレスを全面的に回避することが出来るかもしれません。

保険会社も商売として弁護士と戦う姿勢を持つことになり、弁護士をつけることで事態は長期化することも想定出来、弁護士をつけないから保険会社からスムーズに慰謝料が支払いされることも決して珍しいことではありません。 しかし実際に交通事故被害に遭って妥協する精神は安易に許されるべきものでしょうか。経済的にゆとりのある人たちはそれでもいいと思うのかもしれませんが。